TOPページ
 プティコパパのダイエット成功・失敗体験記
  >失敗ダイエット

失敗ダイエット


次:購入した器具
前:身体の変化

回数 写真 コメント
平成18年
プチダイエット前1
プチダイエット前2
プチダイエット1年後
1年後

1年間筋肉と脂肪をつけてみて、ふと思う。「今の筋量で贅肉が落ちたら、「もしや結構K−1選手みたいになれるかも?!」

という妄想や夢想が心の中をかき乱し、ダイエットを敢行する(ふざけているようで、実は真剣)。
もう一つ、4月のベンチプレス大会の階級を下げる目的もある。→結局参加せず逃げちゃいました。

結論、K1選手にはなれませんでした。
自分的には、11月位に腹筋が割れたのでちょっと満足!

30代前半 筋トレダイエット前 筋トレダイエット後 本ページで紹介したとおりの、筋トレダイエットを実施する。
結果は上々であった。
20代後半 料亭の前で、家族と一緒 船の甲板の上 前回の骨が弱くなるダイエットはやらず、今回は、栄養を考えたダイエットを敢行する。
タンパク質は脱脂粉乳中心で、そのほかに脂身を取った肉(鳥、牛)、卵から摂取、炭水化物はパスタ、パンから摂取した。脂肪はあまりとらなかった。食物繊維はオールブランというケロッグのようなものにした。ビタミン、ミネラルは野菜、サプリメントから摂った。
また、週に2回ほど、明け方2km程走っていた。体重は減るが細くなった。体のサイズはダウンするのに、見た目はあまりよくない。脂肪はあまり落ちた感じはしなかった。そのとき、自分にとって
有酸素運動だけで脂肪を落とすにはかなりの歳月がかかる みたいだと思った。
ちなみに、体重変化81kgから70kg、期間5ヶ月、1ヶ月あたり2kgの減量であった。
20歳位 骨の治癒には悪そうだが、包帯を巻いた状態で、飲み屋さんのテーブルに座っている (骨折時)
この写真は、腕が骨折しているのにも関わらず、飲みに行っている場面である。
筋肉がついた自分を試そうと近くのアームレスリング道場にでかける。すると気持ちいいくらいに、スコン、スコン倒され、てんで話しにならなかった。
その道場に再度行き練習する。練習中にパキツと、
プラモデルが割れた音がした。すると、
自分の腕があらぬ方向に曲がってしまった。
どうも、上腕の骨がねじ切れていたようだった。痛さはあまりなかったが、冷や汗がだらだら出たのを覚えている。相手の方や道場の関係の方々にすごく心配をかけて申し訳ないなとつくづく思った。今にして思うと、
単品超低カロリーダイエットにより、骨が弱くなったのでは?
と思ったりする。
パパの正面、立っている写真、両手は腰で、場所は砂浜 (増量時)
減量時の自分の体を鏡で見るにつけ、「なんだよ、やせても腹筋割れないし、筋肉のスジ見えないし、全体が細くなっただけじゃん。」と自問自答の日々。そして、
痩せた姿はやめた! つぎは太るぞ
という結論に至る。
脂物と菓子類を中心に食し、61kgから91kgに達する。そのとき、筋トレもちょっとしており、バーベルアームカールで40kgを1発だけ挙がる程度になった。
パパの正面、立っている写真、両手はダランとしており、場所は森の休憩所 (減量時)
学生時代、部活もせず、無目的、無感動、無関心な状態のときがあった。
そのとき、
”逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ”
と、妙に自分はプレッシャーを感じていた。
そこで生活に何か意味を持たせようと、
”どこまで痩せることができるか”
という命題を立て実行する。
当時、完全栄養食とうたっていたカロリーメイトと水を中心に食し、
75kgから61kgになる。
フラフラで、いつもハンバーグのことばかり考えていた。
(カロリーメイトで我慢できるときはカロリーメイトだけ食し、我慢できないときはお菓子などを食べていた。)

1コマ:オフィスにて、黒髪で太目の女性がパソコンで仕事をしている。後ろから茶髪で太目の女性が忍び寄り、耳元に息を吹きかける。茶髪女性「か・な・え」
2コマ:茶髪女性「最近、ぐっと痩せたんじゃない、ダイエット成功?」黒髪女性「も〜、驚くじゃない。香織だって、かなり細くなったじゃない」
3コマ:茶髪女性「ほほ」(心の中で嘘つきとつぶやく)黒髪女性「うふふ」(心の中で嘘つきとつぶやく。)
4コマ:女の精神構造と題した模式図がある。女性のしゃべる順番は、最初に『おせじ』次に『建前』次に『ありがち本音』次に『本当の本音』の順番であることを示している。ナレーション「女は本音でしゃべらない。でも、心の中で叫んでる。」
ダイエット4コマ漫画「12 パパの失敗ダイエット」に戻る


次:購入した器具
前:身体の変化
上:このページの先頭に戻る

TOPページ
 >プティコパパのダイエット成功・失敗体験記
  >失敗ダイエット
 
当サイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004 puthikopapa & puthikomama All rights reserved