TOPページ
 プティコパパのダイエット成功・失敗体験記
  >購入した器具

購入した器具


次:運動方法
前:失敗ダイエット

時期 名前・写真・コメント
初めてから2ヶ月目まで 床、タオル、壁
タオルが床の上におかれている ”長く続くとは限らないものに、金は使えない”と考えてたので、何も買わない。
2ヶ月目から11ヶ月目まで ボディメーカー社のベンチ台(プレスベンチホールドタイプ)
ベンチ台の側面 今までの筋トレでは、これ以上の筋肉の発達は望めないと判断し購入する。値段は1万円くらいだった。
当初は、「効いてるよ!マジすげ〜」とか言って、年齢に不釣合いな言葉を使用し喜んでいたが、次第にベンチプレス、スクワット、デッドリフトなどは、危険なので一人では追い込めないことが分かり、物足りなさを感じる。
ボディメーカー社の重り(1.25kg×4、2.5kg×4、5kg×8、10kg×2、20kg×2)、
バーベル(180cm、10kg)
ダンベル(2本)

おもり、バーベル、ダンベルを床に置いた状態 ベンチ台とあわせて購入。ゴムタイプ、バーベルを差し込む穴が大きいオリンピックタイプもあったが、ハンマートーンという一番安いものを購入。全部で値段は2万円くらいだった。
ボディメーカー社のインクラインベンチ台(フラットマルチベンチ)
背もたれが可動式のベンチ台を横から写した 足のトレーニングの充実目的で購入。後日いろいろやって分かったのだが、腹筋(シットアップ)や背筋(バックエクステンション)などもできる優れものであった。値段は1万円くらいだった。
11ヶ月目から現在 イサミ社のパワーラック(HGパワーラック)
直方体の鉄骨の筋トレ器具 直方体の鉄骨の筋トレ器具ビッグ3と呼ばれる、デッドリフト、スクワット、ベンチプレスを限界まで追い込むために購入、またチンニング(懸垂)ができるのも大きな魅力の一つ。メーカーの中で評判の良いものを選んだ。値段は5万円5千円ほど
※1実はこの器具を買うために月に5千円ずつお金を貯め、ある程度貯まった8ヵ月後に購入したので、最初チンニングバーにぶら下がったとき感慨を覚えた。
※2バーベルバーの短い部分、長い部分、チンニングバーの耐荷重量をメーカーに問い合わせたところ、わざわざ実験していただいた。結果、短い部分、長い部分、チンニングバーどれも耐荷重量300kg、限界重量は500kg程度ということでした。イサミ社様、どうもありがとうございました。
イサミ社のバーベルバー
左が180cm、右が200cmシャフト 現在使用している180cmバーベルバーがパワーラックの幅に合わないのと、耐荷重量150kgなため、より高重量対応を求めて購入、バネ鋼で強度が高く耐荷重量250kg、値段は15600円、図の左側が180cmバー、右がバネ鋼の200cmバー
イサミ社のサポートグリップ
1組のごつい手袋(サポートグリップ)の写真 デッドリフト、チンニング、ベンドオーバーローイングなどで、「手がぁ〜、手がぁ〜〜〜」と叫びたくなるときがあるので購入。自分の握力の無さを痛感することがあまりなくなった。良い買い物をしたと思った。値段は1600円
ボディメーカー社の簡易ラットマシン(フラットマルチベンチ装着型)
ラットマシンの写真 ラットマシンを使った泳力トレーニング 水泳のトレーニングのために購入。本格的なラットマシーン(3万円〜)がほしかったが値段が邪魔をした。やはり簡易型なのでおもりの滑りがいまいちだった。でも値段が6000円なので、それで十分であり、上出来である。
それにしても、腹と尻が大きいな〜と感じる。でも、筋肉のためと自分に言い聞かせる。
プロボディ社のベンチ台(フラットベンチDX)
フラットベンチを横かあら取った画像
ベンチプレスをするときの、体の姿勢をより安定させるとともに、高重量に対応した商品を求めて購入、補強板入りで耐荷重量240kg。15000円くらい
ボロボロになったトレーニング手袋と近くのホームセンターに売ってた軽作業用手袋
1組のボロボロの手袋の写真 1組の軽作業用手袋の写真
使っていた手袋がボロボロになったので、近くのホームセンターで軽作業手袋を購入した。これが結構使えない。700円無駄にした。手のひらの部分の生地が薄すぎて、滑り止めくらいにしかならない。失敗した。
チンニング、ディップス用の柔道帯
柔道の普通の黒帯 帯に20kgのおもりをぶら下げチンニングおもりを腰につけるために購入、丈夫、長持ち、安い、値段も600円、色はどうでも良かったのだが、かっこいいのと、汚れがめだたない黒帯を選択
isami社のラバー製重り(20kg×2)
20kgのラバー製おもりを上から撮った写真100kg以上のおもりをつけるとき、5kgの重りを何枚もつけるのが面倒なので購入。
最初においがすごかったが、次第に薄れていった。
今後は20kgを2枚ずつ買いたしていけたらなー思っている。値段は1枚6000円、2枚で12000円
isami社のウェイトグリッパー
グリッパーの写真1 「Hidedas」というページの秀之助さんが、かっこよかったので衝動的に購入
40kgまで重りをのせられる。40kgは、200kg相当の握力だそうである。
・・・しかし、20kgのウェイトがせいぜい。40kgなんて、
5kgのウェイトを足小指に落としたときくらい硬い!値段は4000円
3番目の写真は10kgのおもりで握っている。
グリッパーの写真2
グリッパーの写真3

こうリストにすると10万円以上器具に使っています。(サプリメントもあわせると20万円以上かな?)。

小遣いが少な過ぎて、鼻血も出ないと考えていたのに、一体どういうことなんだ!と布団にもぐって叫びたくなりました。

叫ぼうとして、ハタと気づきました。

「トレーニング器具、サプリメントメーカーの術中にハマっても、いいじゃない。筋トレダイエットする以前より、結構前進してる気がする。」

 というように考えて、自分を納得させました。
1コマ:水を入れるタイプのダンベルと縄跳びのイラスト。ナレーション「かなり安い運動器具を、ダイエットで使う場合」
2コマ:あるオフィスで、太目の女性同士(一方は黒髪、他方は茶髪)が会話している。茶髪女性「ダンベルやってる?」黒髪女性「だめだめ、腕が痛くなってぇ〜」ナレーション「だいたい、すぐ止める。」
3コマ:馬乗り振動器具、直立振動器具のイラスト。ナレーション「高額器具の場合では、」
4コマ:茶髪女性「器具に乗ると腰痛くない?」黒髪女性「えっ香織も?残念だけど、無理よねぇ」ナレーション「値段に関係なくやめる」二人して「ほほ」「うふふ」と笑う。
ダイエット4コマ漫画「14 パパの購入器具」に戻る


次:運動方法
前:失敗ダイエット
上:このページの先頭に戻る

TOPページ
 >プティコパパのダイエット成功・失敗体験記
  >購入した器具について
 
当サイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004 puthikopapa & puthikomama All rights reserved