TOPページ
 ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット小学校・生理学(血液の流れ)

生理学(血液の流れ)


次:栄養学(食べ物の分類)
前:生理学(消化)

体に吸収された養分(とりすぎれば脂肪に・・・)、肺でとりこまれた酸素、要らなくなった二酸化炭素が、
どのように全身に運ばれるか、小学生の学習内容(6年生)で考えてみます。

○ 概要

心臓のはたらき  血管を使って全身に血液を送るポンプの役目を果たします。
毛細血管での様子  体のあちこちで、いらなくなった二酸化炭素を受け取り、酸素や養分を渡します。その後、血液は静脈に入り心臓に帰ります。
心臓から肺へ  二酸化炭素を含んだ血液は、肺で酸素を再びもらいます。
血液のながれ  → 心臓 → 大動脈 → 全身の毛細血管 → 大静脈 → 心臓 → 肺 → 心臓 →
の繰り返しです。

○ 詳細

1 心臓のはたらき

出発点は心臓です。場所はだいたい胸の中央、大きさは握りこぶし程度です。
心臓はポンプの役目をしており、全身に血液を行きわたらせるように、ドクドクと膨らんだり縮んだりして動いています。

心臓から送られる血液は、血管という管で運ばれます。
心臓から出た血液は大動脈という太い血管の中に入れられて運ばれます。

大動脈は枝分かれし、細くなっていき、体のすみずみまで血液を運びます。
細くなった血管は毛細血管と呼ばれます。

語句 説明
心臓 場所は胸中央、大きさ握りこぶし、血液を全身にめぐらすポンプ
血管 血液が流れる管
大動脈 心臓から出た血液を受け取り全身に送る太い血管
毛細血管 大動脈が枝分かれして、細くなった血管

2 毛細血管での様子

全身の毛細血管は手、足、胃、腸、肝臓・・・などまで行き渡っています。
各場所でいらなくなった二酸化炭素を受け取り、酸素や養分を渡します。
酸素や養分を持たない血液(以下、古い血液)は、大静脈という太い血管をとおって、再び心臓に戻ります。

3 心臓から肺へ

古い血液は心臓から肺へ送られます。血液は肺で二酸化炭素出し、酸素をもらいます。
酸素をもらった空気は全身に行きわたらせるために、再び心臓にかえり、全身に送られます。

4 血液のながれ

まとめてかくと、

→ 心臓 → 大動脈 → 全身の毛細血管 → 大静脈 → 心臓 → 肺 → 心臓 →

これの繰り返しになります。

5 チェック問題

 チェック問題へジャンプ  ※javascript使用
(リンク先ページのチェック問題で、記憶の定着をはかって下さい。)

6 勉強になる動画、資料

動画、資料 リンク元
からだをめぐる血液のはたらき NHKデジタル教材
「3つのとびら」より
血管と血液のはたらき NHKデジタル教材
「3つのとびら」より
血液を送り出す心臓 NHKデジタル教材
「3つのとびら」より
赤い血と赤黒い血 NHKデジタル教材
「3つのとびら」より
ヒトの循環器(じゅんかんき) 教育用画像素材集
「CGで見る生物のしくみとはたらき」より

動画が見られない場合は、real playerをダウンロードしてください。 血液は酸素、二酸化炭素だけでなく、栄養分も全身に運んでいることを忘れていました。恥ずかしい。
また、その栄養分が過剰だと血液がドロドロとかになって危険なんだなぁーと気づきました。
1コマ:川の土手に人が歩いている。ナレーション「近くの河川敷はウォーキングの人で一杯」
2コマ:ママ、プティコ(長男)、プティコ2(次男)、パパがウォーキングをしている。 ママは張り切って歩いている。プティコはそれに続いている。プティコ2は乳母車に乗って、それをかなり赤い顔のパパが押している。ママ「みんなファイト!ウォーキングって血行にもいいし、やっぱりいいわね。」パパ「ちょっと待って!」
3コマ:ママ「パパぁー!顔赤すぎない?昼間からお酒?血行良すぎよ」パパ「違う違う」と手をふる。プティコはパパを見て「バイバーイ」
4コマ:パパ「プティコ2にコーヒー牛乳こぼされたのよ!」と下半身を見ている。股間に黄土色のしみができている。プティコ「あー、パパ大人なのにウンチ」パパ「言うと思った。」
■コメント
 ダイエットする人は、食べ物、運動に関連するので、血液が栄養、酸素、二酸化炭素を運ぶことを知るのは良いと思います。
ダイエット4コマ漫画「顔のほてり」に戻る


次:栄養学(食べ物の分類)
前:生理学(消化)
上:このページの先頭に戻る

TOPページ
 >ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット小学校・生理学(血液の流れ)
 
当サイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004 puthikopapa & puthikomama All rights reserved