TOPページ
 ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット中学校・生理学(有機物)

ダイエット中学校・生理学(有機物)


次:生理学(消化と酵素)
前:ダイエット小学校・修了試験

ダイエットを行うにあたって、何が食物として体に吸収されることをかを知るのは重要です。食物について中学生の学習内容(2年生)で考えてみます。

1 焦げるものは有機物

 私はフライパンで食材を焦がすことがよくあり、その都度冷や汗をかいています。しかし、焦げないものもあります。例えば塩、水などです。
違いは、炭素(元素記号はC、ダイヤモンド、墨、木炭によく含まれる)を含んでいるかどうかです。
炭素を含むのが有機物で、含まないのが無機物だそうです。

呼び方 炭素は 燃やすと 食べ物の例
無機物 含まない 焦げない 塩、水、カルシウム、鉄、マグネシウムなど
有機物 含む 焦げる パン、肉、魚、ソース・・・など、家庭に並ぶような全ての食材

2 有機物について

有機物には、炭水化物、タンパク質、脂肪などがあります。これらは有機養分とも呼ばれています。
人間をはじめとする全ての動物は、この有機養分を栄養として吸収し、生きています。

3 チェック問題

 チェック問題へジャンプ  ※javascript使用
(リンク先ページのチェック問題で、記憶の定着をはかって下さい。)

4 勉強になる動画、資料

動画、資料 リンク元
身のまわりの物質 りかちゃんのサブノート

1コマ:居間でプティコ(長男)が、テーブルのパンを指差し、プティコ「ママ焦げてる。」ママ「あら、ごめーん」
2コマ:ママが、フライパンで料理を作っている。フライパンから黒い煙が・・・。ママ「あぁ・・・、やった。」
3コマ:居間にて茶をすするパパとママ,ママ「今日は何か焦がしてばっかりよ。」パパ「ふんふん」
4コマ:居間にて茶をすするパパとママ,パパ「どうせ焦がすなら、身を焦がす恋とか」といいつつ、眼をきらきらさせ、まゆげも大きくなる。ママ「誰と?」とキッパリ言う。
■コメント
 食物が有機物?一体何のことでしょう。
ダイエット4コマ漫画「身を焦がす恋」に戻る


次:生理学(消化と酵素)
前:ダイエット小学校・修了試験
上:このページの先頭に戻る

TOPページ
 >ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット中学校・生理学(有機物)
 
当サイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004 puthikopapa & puthikomama All rights reserved