TOPページ
 ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット中学校・生理学(呼吸)

ダイエット中学校・生理学(呼吸)


次:生理学(血液のながれ)
前:生理学(食物の吸収)

ダイエットを行うにあたって、有酸素運動を取り入れるのは有効な方法のひとつです。
有酸素運動にともなう呼吸の仕組みについて知るのは重要です。
ダイエット小学校・生理学(呼吸)を踏まえたうえで、中学生の学習内容(2年生)で考えてみます。

○ 概要

呼吸の役割  呼吸の役割は、体内に取り入れた酸素を使って、栄養素からエネルギーを取り出すことです。
空気(酸素)の取り入れかた  空気は口から入ります。その後呼吸器官(気管、気管支など)を通って、最終的に肺胞という部分まで行きます。
 そこで酸素が奪われ、二酸化炭素を持たされます。そして、同じ経路を戻って口から出て行きます。

○ 詳細

1 呼吸の役割

 焼肉屋さんで肉を網で焼くときなど、肉に火がつくとなかなか消えなかったり、 ボォワァッと30cmの炎があがり、
危ない!消化、消化!」などと寒いダジャレを言って、ワイワイやる光景はよく見かけると思います(?)。

 このように、肉の有機養分(肉に含まれるタンパク質、脂肪など)が燃えると、酸素とくっついて、かなりの熱が発生します。

 人間の体も同様に、(食物中の)有機養分が(呼吸で取り込んだ)酸素とくっつき、熱などのエネルギーが発生し、そのエネルギーを生命活動に使っています。

 燃えることと、呼吸することについて、ともに酸素を使って有機養分からエネルギーを取り出すという点で似てます。

 違いは、取り出す温度です。燃える現象は900度以上温度が必要ですが、呼吸は体温程度でエネルギーが取り出せます。(実は、酵素が重要な働きをしています。)

 また、人体に数十兆個あるといわれる細胞一つ一つで、呼吸は行われています。

語句 説明
燃焼(燃えること) 空気中の酸素と結びついて、物質が燃えること。熱が発生する。
呼吸 空気中の酸素を吸収し、二酸化炭素を外へ出すこと。酸素を取り込み、酵素が働いてエネルギーを作り出す。
燃焼と呼吸の違い 呼吸は体内の酵素(だ液、胃液などに含まれる成分)の働き、体温程度の温度でで酸素を食物からエネルギーを取り出せる。

2 空気(酸素)の取り入れかた

呼吸(酸素を吸って、二酸化炭素を体外へ出す)を行っている器官を呼吸器官といいます。
呼吸器官には、空気の通り道である気管、気管支、空気中の酸素と二酸化炭素を交換するがあります。

空気のながれについて、空気は鼻、口をとおり体内へ入り、のどのおくにある気管に入ります。気管は胸まで続いており、2つに分かれています。
分かれてからは気管支と呼ばれ、肺の中まで伸びてます。肺に入ると気管支は細く、細く枝分かれし、ブドウのような形の肺胞という袋まで伸びており、空気はそこで行き止まります。
肺胞の実のようの部分で、空気の酸素と二酸化炭素の交換が行われます。交換が終わるともときた経路をとおって、空気は体外へ出ます。

また、空気は勝手に体の中に入るわけではなく、肺の下にある大きな膜(横隔膜)が、上下することで肺の中の体積が変わり、空気の流れこんできます。

気管 空気の通り道で、ノドから肺への分かれ道までをいいます。
気管支 空気の通り道で、気管から肺へ入る2本の管をいいます。
中には、肺胞と言うブドウのような実のついた袋があり、そこで酸素と二酸化炭素が交換される。また、肺を動かすのは、横隔膜が上下して肺の容積を変化させるため
空気のながれ 鼻、口 → のど → 気管 → 気管支 → (ここから肺の中) → 肺胞 → 酸素と二酸化炭素の交換 → (肺から出る)→ 気管支 → 気管 → 鼻、口

肺って、自分では膨らまず、まわりに膨らしてもらうんですね。

ちなみに、1分あたりの呼吸回数、脈拍数については、下表の通りです。
年齢 1分間の呼吸回数 1分間の脈拍回数
1歳 30から40回
120から140回
2から4歳 23から30回
100から120回
5から14歳 15から25回
70から100回
15歳以上 15から20回
65から80回

3 チェック問題

 チェック問題へジャンプ  ※javascript使用
(リンク先ページのチェック問題で、記憶の定着をはかって下さい。)

4 勉強になる動画、資料

動画、資料 リンク元
肺のつくりとはたらき りかちゃんのサブノート
呼吸運動 りかちゃんのサブノート
細胞の呼吸 りかちゃんのサブノート
模型で見る呼吸の仕組み NHKデジタル教材
「3つのとびら」より
吸いこんだ空気とはき出した空気 NHKデジタル教材
「3つのとびら」より
内視鏡と図で見る肺のしくみ NHKデジタル教材
「3つのとびら」より
肺のしくみとはたらき NHKデジタル教材
「3つのとびら」より
ヒトの呼吸器(こきゅうき) 教育用画像素材集
「CGで見る生物のしくみとはたらき」より

動画が見られない場合は、real playerをダウンロードしてください。
1コマ:プティコ2(次男)の鼻がつまり、口で息をしている。ママ「パパぁ、プティコ2(次男)が鼻つまって、口で息してる。どうする?病院?」
2コマ:プティコ2の顔をまじまじと見るパパ、ピーんとひらめくパパ
3コマ:プティコ2の鼻にすいつき、鼻水を吸出し、「ぺっぺっ」と吐き出すパパ。ナレーションには、献身的親子愛とある。
4コマ:プティコ2「パパ、イヤ」とかなり不満顔、ママ「パパ、歯磨いてる?」、つれない二人の言葉にパパは困惑してる。パパ「はは、こんなもんだよ」ナレーション「パパがんば!、そのうちパパの良さに気づくよ。多分」
■コメント
 ウォーキング、ジョギング、エアロバイク、エアロビクスなどの有酸素運動に関係する呼吸について、学習しましょう!
ダイエット4コマ漫画「君のためなら」に戻る


次:生理学(血液のながれ)
前:生理学(食物の吸収)
上:このページの先頭に戻る

TOPページ
 >ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット中学校・生理学(呼吸)
 
当サイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004 puthikopapa & puthikomama All rights reserved