TOPページ
 ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット中学校・生理学(要らないものの排出)

ダイエット中学校・生理学(要らないものの排出)


次:栄養学(食習慣)
前:生理学(血液の流れ)

 ダイエットを行うにあたって、食べた食物が有機養分となり、エネルギーとして利用されるときに出るカス(不要物)が、どのように体外に排出されるか知るのは重要なことです。
 この仕組みを知ることで、不要物を早く体外に出そうと意識でき、健康への知識が増えます。
( 健康への知識が、なぜダイエットと関係あるのかは、ダイエットとは「健康・美容のための食事制限」という意味合いが含まれているからです。)
 中学生の学習内容(2年生)で考えてみます。

1 要らないもの

 呼吸によって、有機養分(炭水化物、タンパク質など)からエネルギーが取り出されるとき、そのカス(不要物)も出てきます。

吸収前 吸収後の不要物 不要物の排出する場所、方法
ブドウ糖や脂肪 二酸化炭素 肺などの呼吸器官から排出
タンパク質 アンモニアなど 肝臓に送られ尿素に変えられる。次に腎臓や皮膚などに運ばれ、水と一緒に尿、汗として排出される。

※腎臓などのように、不要物を排出する器官を排出器官と言います。

2 チェック問題

 チェック問題へジャンプ  ※javascript使用
(リンク先ページのチェック問題で、記憶の定着をはかって下さい。)

3 勉強になる動画、資料

動画、資料 リンク元
肝臓のはたらき
排出
りかちゃんのサブノート

動画が見られない場合は、real playerをダウンロードしてください。
1コマ:トイレに入ったママ、外ではプティコ(長男)、プティコ2(次男)がドアを叩いたり、ドアノブをガチャガチャ回したりしている。ママ「・・・」プティコ「早く出て!」
2コマ:居間でパパがテレビを見ているところへ、ママが入ってくる。ママ「ダメだわ。今回の便秘かなり手ごわいわ・・・」パパ「え?」
3コマ:パパは自慢げに立ち上がる。パパ「こまめに水飲んで、不要物を尿で排出だよ!目安は、1日約2リットルね。ウォーターローディングっていうんだよ」
4コマ:ママがいぶかしげにパパを見る。ママ「でも、パパぁ・・・ポッケに下痢止めあるでしょう?」パパは後ろに手を回し、ポケットの下痢止め「ゲリリン」をポケットに深く入れようとする。
ダイエット4コマ漫画「ほぼ無料!便秘解消法」に戻る


次:栄養学(食習慣)
前:生理学(血液の流れ)
上:このページの先頭に戻る

TOPページ
 >ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット中学校・生理学(要らないものの排出)
 
当サイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004 puthikopapa & puthikomama All rights reserved