TOPページ
 ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット中学校・栄養学(生鮮食品)

ダイエット中学校・栄養学(生鮮食品)


次:栄養学(食品表示)
前:栄養学(食品群)

ダイエットを行うにあたって、食材をどう選ぶか知るのは重要です。
ダイエット小学校・栄養学(食物のグループ)を踏まえたうえで、中学生の学習内容(2年生)で考えてみます。

○ 概要

食品の種類  食品には生鮮食品加工食品の2つあります。
生鮮食品の見分け方、時期  野菜、魚、肉など時期、見た目、匂い、感触(弾力)、みずみずしさなどで判断します。

○ 詳細

1 食品の種類

 食品には、生鮮食品加工食品の2つがあります。それぞれの意味は、以下の表になります。
生鮮食品 生鮮食品について、原則として何等加工が加えられていない天然の食材・食品(肉類、魚介類、卵類、乳製品、穀物、豆類、芋類、野菜、山菜、海藻、果物、種実類、ハーブなど)です。採取されたときの状態で流通しています。
加工食品 天然の食材に様々な加工を加えた食品です。古くからある食塩・砂糖・味噌・醤油などもこれに含まれます。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

 生鮮食品について、生鮮食品がよく取れる時期を旬とか出盛り期と言うそうです。この時期は味よし、栄養よし(良すぎてkclaが高くても困りますが・・・)、価格よし(出回ってる分安い)の3拍子そろっています。

 どうせ、ダイエットすると食べたい衝動を抑えるのに苦戦しますから、せめて旬の味がよく、安いものを選びたいですね。

2 生鮮食品の見分け方、時期

旬の見分け方は、
野菜 (葉)色が濃く、つやあり、みずみずしいもの
(根、茎)かたくしまっていて、芽が出てないもの
(実)かたくしまっていて、みずみすしいもの
くさみがない。目が濁ってない。えらは濃い赤。ウロコは光っている。肉はブヨブヨしていない。
魚の脂質は時期によって含有量が異なり、白身魚は脂質の少ない産卵後、赤身魚は産卵前がおいしいそうです。
くさみがない。ブヨブヨ、ビチョビチョしていない。つやがある。牛は赤、豚はピンク、鳥は薄黄色である。

3 チェック問題

 チェック問題へジャンプ  ※javascript使用
(リンク先ページのチェック問題で、記憶の定着をはかって下さい。)

4 勉強になる動画、資料

動画、資料 リンク元
旬の食材辞典(野菜)

旬の食材辞典(果実・木の実)

旬の食材辞典(芋・きのこ)

旬の食材辞典(魚介・海藻類)

キッコーマン ホームクッキング

1コマ:居間で、プティコ(長男)、プティコ2(次男)が、おやつを待っている。そこへママがいちごを持ってやってくる。ママ「おやつよ!今、旬でおいしいわよ」プティコ「やったー、いちごだ!」
2コマ:ママ「おいしいね」プティコ2は、はむはむとイチゴを食べている。プティコ「旬て何?イチゴはイチゴでしょ?」
3コマ:ママ「イチゴが一番おいしい時のことよ。ま、ママは、いつでも旬だけどねぇ。」
4コマ:プティコ「じゃ、パパの旬は?」ママ「20年前かしら」と即答。プティコ「昔だね。」ナレーション「パパは物陰から見るだけで精一杯でした。」
ダイエット4コマ漫画「ダンナの旬」に戻る


次:栄養学(食品表示)
前:栄養学(食品群)
上:このページの先頭に戻る

TOPページ
 >ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット中学校・生理学(生鮮食品)
 
当サイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004 puthikopapa & puthikomama All rights reserved