TOPページ
 ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット中学校・病理学(疲労)

ダイエット中学校・病理学(疲労)


次:病理学(生活習慣病)
前:病理学(運動)

 現代社会、疲労でない人は少ないと思います。疲労をかかえた状態でのダイエットは健康的ではありませんし、非効率です。なるべく疲労をかかえないでダイエットをしたいものです。
 そこで疲労について、中学生の学習内容(2年生)で考えてみます。

○ 概要

疲労の原因と影響  疲労は、疲労物質、エネルギー不足、ストレス、脳の使いすぎなどによって起こます。
 疲労にも精神疲労、肉体的疲労、急性疲労、慢性疲労などあり、体に様々な影響を与えます。
疲労をとる方法  旧厚生省の「健康づくりの休養指針」という文書によると、生活のリズム、睡眠、入浴、旅、仕事のバランス、自分の時間、楽しみや生きがい、食事空間、自然とのふれあい、出会い、無理のない社会参加などに気をつけるとよいそうです。

○ 詳細

1 疲労の原因と影響

 疲労とは「からだや頭を使い過ぎたり空腹の度が過ぎたりした結果、肉体的・精神的に持続力がなくなる状態」(新明解国語辞典 第五版 (C) 三省堂)とあります。
 でも、「しんどーい、もうやだー」的な感覚というほうが、実感しやすいかもしれません。

 疲労の原因について、これが疲労の原因と断定できず、いくつかの原因が考えれられているそうです。以下に示します。
原因 説明
疲労物質 乳酸などの疲労物質が、体を疲れさせる(筋肉を収縮させない)ため、疲労を感じる。
エネルギー不足 血液中のエネルギー(ブドウ糖)が無くなり、続いて肝臓などに蓄えられていたエネルギーのカタマリ(グリコーゲン)も底をつき、体や脳の働きが鈍くなり疲労が起こる。
ストレス ガマンの限界を超えた状況、環境(温度、乾き、飢え、睡眠の減少、心配ごとなど)のため、疲労を感じる。
脳の使いすぎ 長時間脳を働かせると、脳内の神経伝達が悪くなるので疲労を感じる。

 疲労の種類や影響についても、以下に示します。

種類 説明 影響
精神疲労 精神的ストレスが原因の疲労 食欲不振、だるさが続く、筋肉痛、関節痛、頭痛、免疫力低下で、病気、生活習慣病になりやすい。動脈が硬く(動脈硬化)なり脳卒中、心筋梗塞、最悪は突然死
肉体的疲労 筋肉を使用する作業で起こる疲労。あるいは全身疲労(全身の疲労)、局所疲労(腕とか足だけなどの部分的な疲労)という場合もあるそうです。
急性疲労 何か作業をしていて、すぐにくる疲労。肉体労働なら、息切れ、筋肉のだるさ、事務作業ならミスの増加など
慢性疲労 十分に休憩がとれず、疲労が長期に渡り蓄積したときに起こる疲労。

2 疲労をとる方法

 一応、旧厚生省が「健康づくりの休養指針」という文書を出しており、以下の実践が休養にはよいようです。以下、引用

1 生活にリズムを早めに気づこう自分のストレス
2 睡眠は気持ちよい目覚めがバロメーター
3 入浴でからだもこころもリフレッシュ
4 旅に出かけて心の切り換えを
5 休養と仕事のバランスで能率アップと過労防止
6 ゆとりの時間でみのりある休養を1日30分,自分の時間をみつけよう
7 活かそう休暇を真の休養にゆとりの中に,楽しみや生きがいを
8 生活の中にオアシスを身近な中にもいこいの大切さ
9 食事空間にもバラエティを
10 自然とのふれあいで感じよう健康の息ぶきを
11 出会いときずなで豊かな人生を見出そう
12 楽しく無理のない社会参加きずなの中ではぐくむ,クリエイティブ・ライフ

3 チェック問題

 チェック問題へジャンプ  ※javascript使用
(リンク先ページのチェック問題で、記憶の定着をはかって下さい。)

4 勉強になる動画、資料

参考資料 リンク元
健康づくりのための休養指針
平成7年度版 厚生白書
厚生労働省
疲労を考える
休養を考える
健康ネット
疲労 セルフドクターネット

1コマ:昔ながらの家で、子供(松千代)が、父に問いかける。父は大量の切手が入ったダンボール(美瑛産じゃがいもと記載)の横で、ノートに何か書いている。松千代「父上、今度は何のお仕事ですか?」父「うむ」
2コマ:父は切手をなめている。父「切手の糊をなめ尽くし、甘さ、匂い、コク、旨みを帳面につけ、郵政省に押し売る仕事だ。」松千代「えー、押し売り?」
3コマ:父が続いて説明している。父「なめる角度、速度、だ液量に注意が必要で、極度の疲労をともなうのじゃて・・・」困惑顔の松千代「極度?疲労?」
4コマ:父と子が抱き合う。涙を流す父「これもお家再興のため、父を許せ!松千代。うっうっうっ・・・」松千代「はぁ・・・父・・・上・・・」ナレーション「この頃から松千代は、父に悪気無しと分かっていても、猜疑の念を持ち始めるのでした。」
ダイエット4コマ漫画「仕事の疲労」に戻る


次:病理学(生活習慣病)
前:病理学(運動)
上:このページの先頭に戻る

TOPページ
 >ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット中学校・病理学(疲労)
 
当サイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004 puthikopapa & puthikomama All rights reserved