TOPページ
 ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット高等学校・情報処理(信憑性)

ダイエット高等学校・情報処理(信憑性)


次:情報処理(問題解決)
前:ダイエット中学校・修了試験

 身の回り、TVなどのマスメディア、ネットワークなどの情報には確かな情報もありますが、「本当なの?」と思えるような情報もあります。どう判断すればよいのでしょうか。
 高校の学習内容(1年生)で考えてみます。
 (自分の人生経験の中で情報判断の仕方について、ある程度は学習していると思いますが、イマイチ自信がありません)

○ 概要

疑いたくなる広告  いかにも怪しそうなを紹介し、問題点を指摘します。
情報の判断方法  判断するための注意事項には、
  1 自分に必要か
  2 情報発信者は怪しくないか
  3 (自分が)いつも疑いの気持ち持っているか
  4 情報源は複数あるか
  5 情報は一般的か
  6 発信者に連絡取れるか
  などがあります。

○ 詳細

1 疑いたくなる広告

怪しそうなダイエット食品の広告、クリックすると拡大画像とコメントが表示されます

 左の広告をクリックして、拡大してみてください。
 パッと見て、「げっ・・・、終わっている・・・。」と思いましたか?

 もし、「え、ほんとに?、試してみようかな。」と思われたら、ちょっと危険です。この広告はデタラメです。さらに怪し過ぎます。信憑性はかなり低いです。

 しかし、嘘では無いのです。怪しい言葉の理由(言い訳)は以下になります。
○ ケルセチンは、実際にある栄養成分で、その効能も本当です。
○ 高濃度ろ過抽出法は、会社独自に開発ですから適当でもよいのです。パッと思いつくのは、コーヒーのドリップ紙でろ過して、フライパンで水を飛ばして粉にしたらそれらしい処理になります。
○ 100人に試すと言っても、実際にやったか確かめたわけではありませんので、配るだけでもよいのです。
○ 有効サンプルデータで集計と小さくのっています。つまりは、良さそうなデータだけ選んで90パーセントの成功率といってもよい訳です。
○ 成功者Aさんについて、少ない成功者の1人に金を渡して「うまいこと書いてくれ」と言って、原稿を書いてもらっても嘘になりません。体験者を掲載することで説得力を増し、警戒心をそぐ効果があると思います。

 信憑性がかなり低いと言えると思います。
 信憑性とは「情報や証言などの、信用してよい度合い」(大辞泉 増補・新装版「デジタル大辞泉」)とあります。

 わたしは、わからない事柄が出たら
  1 周りの人に聞きます
  2 本で調べます
  3 インターネットで調べます
それでも分からない場合は危ないと判断し、基本的にやらないし、信じません。


 つぎに、情報の見分け方をみていきます。

 ※ 怪しい広告作りですが、意外に楽しかったです。

2 情報の判断方法

 以下の点に注意します。

NO 項目
情報が自分に必要かどうかをはじめに判断する。  そもそも、自分がダイエットしなくてよいのなら、この広告の情報が本当だとして、食品をとりよせて、減量に成功しても、意味がないです。
 自分にとって必要かどうかを「情報の妥当性」というそうです。
誰が情報を発信しているか確かめる。  上記の例だと、○○○○○○研究会ということです。まず、聞いたことないですし、会社、研究所でなく、研究会というのが怪しそうです。
確実に信頼できるところ以外は、常時疑いの気持ちを持つ。  上記の例だと、日本脂肪○○研究会はかなり怪しいので、注意して読もう!と心に誓います
情報源が複数あった場合は、なるべく多くの情報を得る。  情報は多いほうがよいので、なるべく多くの情報源を確保して、いろいろな見方や意見を集めます。
複数の情報源で一般的にいわれていることか確認する。  上記の例だと日本脂肪○○研究会、油快などを検索したり、人に聞いたりします。当然、そんなものはこの広告以外どこにもありません。
発信者に情報を確認する。  上記の例だと、日本脂肪○○研究会などに電話、FAXなどで連絡します。
第3者にその会社を判断させる。  上記の例だと、医学、薬学、栄養学系の各種学会に問い合わせて、日本脂肪○○研究会の存在などを聞く。または、探偵などに調査させます。
情報を得た後のことを考える。  上記の例だと、「サンプルといいながら申し込み料金をとられるかも」とか「ひょっとして、適当につくった商品かも」などと先々のことを考えます

 このように調べてみて、今までの自分を振り返ってみると「今まで、きちんと注意を払って、物事を判断して無かったなぁー。」と思います。その安易さを反省しております。

 でも、このように論理的にやっていくと「息苦しさを感じるのでは?」とも思います。

3 チェック問題

 チェック問題へジャンプ  ※javascript使用
(リンク先ページのチェック問題で、記憶の定着をはかって下さい。)

4 勉強になる動画、資料

参考資料 リンク元
危険な情報に注意 ネット社会の歩き方
内容の信頼性 電子ネットワーク協議会
財団法人インターネット協会
うその情報かもしれない 情報モラル研修講座2005
独立行政法人教員研修センター
騙され度診断テスト WEB110
健康の用語辞典 メガデタネット
鉄則16 心理的効果 ダイエット漫画「ダイエットの鉄則」

※ 今回学習した判断方法は完璧ではありません。自分では考えず上記の判断方法だけに頼るのは危険だと思います。自分で考える姿勢は大事にして下さい。

1コマ:まるまると太った女の子〔π児(ぱいじ)〕が、山の草原を走っている。ナレーション「π児(ぱいじ)は肥満治療の為、山でお爺さんと暮らす元気な女の子」
2コマ:π児が山小屋のドアをバタンと開けて入る。π児「おじいさん、体重が100kg切ったのよ。」中には、おじいさんが仕事をしている。おじいさん「よかったね。お祝いしよう」
3コマ:翌日、おじいさんは、π児のために、チーズをお皿にのせて持ってきた。おじいさん「お祝いのヤギのチーズじゃよ。たくさん食べなさい」それを見て、π児は涙目になる。π児「・・違うの。嘘なの。ただ、お爺さんを喜ばせたくて・・・」
4コマ:π児が「ごめんなさーい、わーん」と言いながら、ドスドス足を踏み鳴らし、おじいさん向かって走ってきた。π児は、おじいさんを跳ね飛してしまう。おじいさんは勢いで壁に激突し、倒れる。π児「あっ」おじいさん「ぐふぇ・・・。π児!大丈夫か」 ナレーション「嘘と体当たりにも優しいお爺さん。π児は深く反省するのでした。」
■コメント
 漫画に出てくるπ児の嘘ならかわいいのですが、この世の中、冗談ですまない嘘もいっぱいあります。
 嘘にだまされないために、信憑性を改めて考えてみましょう。
ダイエット4コマ漫画「山で肥満治療」に戻る


次:情報処理(問題解決)
前:ダイエット中学校・修了試験
上:このページの先頭に戻る

TOPページ
 >ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット高等学校・情報処理(信憑性)
 
当サイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004 puthikopapa & puthikomama All rights reserved