TOPページ
 ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット高等学校・生理学(受容器(目鼻皮舌耳))

ダイエット高等学校・生理学(受容器(目鼻皮舌耳))


次:生理学(神経)
前:生理学(腎臓と肝臓)

「食べ物のにおいや味ってどう感じるの?」

 などと疑問に思った時、におい(嗅覚)や味(味覚)について知っておくのも、ダイエットをする上で役に立つと思います。また、それ以外の視覚、聴覚、触覚についても調べてみたいと思います。

 ダイエットをするにあたって避けてはとおれない体の仕組みの理解」、次は感覚器について調べてみます。
 高校の学習内容(2年生)です。

○ 概要

刺激、受容、感覚について  感覚には3種類あり、以下になります。
  体性感覚:表面感覚(皮膚感覚)、触覚(触れた感じ)、圧覚(押さえられた感じ)、温覚(暖かさ)、冷覚(冷たさ)、痛覚(痛さ)、運動感覚(筋肉による動きに関する感覚など)、深部痛(痛みに関する感覚など)など
  内臓感覚:内臓の状態(動き、炎症など)を感知し、脳に伝え処理するもので、臓器感覚(吐き気)、内臓痛(内臓の虚血、化学刺激、けいれんなどによる痛み)など
  特殊感覚:視覚、聴覚、味覚、嗅覚、前庭感覚(耳で身体の傾き、加速度、回転を感じる)
味覚について  味覚受容細胞で味を感じます。感じる味には、甘味、塩味、酸味、苦味以外にも、うま味、辛味、渋味、刺激味、無味、脂身味、アルカリ味、金属味、電気の味などあるようです。
嗅覚について  嗅細胞で感じます。においは、はじめは強烈に感じますが、時間とともに薄れる特徴もあります。
視覚について  目玉(白いやつ)の内側に張られている網膜で光を感じます。その他にも、カメラの絞りのように光の量調節の虹彩、レンズの角膜・水晶体などいろいろとあります。
聴覚、前庭感覚について  聴覚は、耳の奥の内耳(カタツムリのような形)のうずまきの部分の聴神経で音を感じます。
 前庭感覚は、内耳のかたつむりの角の部分(中はリンパ液)で感じます。体の動きにあわせて中の液体も動き、液体の流れで体の回転を感じるようです。

○ 詳細

1 刺激、受容、感覚について

 感覚というと「女の第六感」、「五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)」などを耳にします。

 その感覚で感じるものについて、外界から受ける光、音、におい、力、重さ、温度、味などを刺激といいます。

 その刺激を感じることを受容といい、刺激を感じる器官を受容器、受容体、感覚器(目、鼻など)といいます。

 受容器は、その受容器で主に感じる刺激があります。目であれば光とか、鼻であれば臭いなどです。そのような受容器専用の刺激を適刺激と言います。

 逆に外界へはたらきかけるとき(例えば筋肉を動かすなど)に使われる器官を、効果器といいます。

その感覚について、以下に詳しく示します。

(1)体性感覚

 ○ 表面感覚(皮膚感覚)・・・触覚(触れた感じ)、圧覚(押さえられた感じ)、温覚(暖かさ)、冷覚(冷たさ)、痛覚(痛さ)

 ○ 深部感覚・・・運動感覚(筋肉による動きに関する感覚など)、深部痛(痛みに関する感覚など)

(2)内臓感覚(内臓の状態(動き、炎症など)を感知し、脳に伝え処理する)

 ○ 臓器感覚・・・ 吐き気など

 ○ 内臓痛・・・ 内臓の虚血、化学刺激、けいれんなどによる痛み

(3)特殊感覚

 ○ 視覚・・・ 目で光を感じる
 ○ 聴覚・・・ 耳で音を感じる
 ○ 味覚・・・ 味を感じる
 ○ 嗅覚・・・ 鼻で臭いを感じる
 ○ 前庭感覚・・・ 耳で身体の傾き、加速度、回転を感じる

2 味覚について

 味覚は、食べ物に含まれる化学物質を、舌、咽頭、喉頭蓋などにある細胞で感じて、神経にその情報を脳まで届けます。

 味覚は、化学物質を触れて感じる受容なので化学受容と呼ばれます。舌にある味を感じる細胞は味覚受容体細胞です。この細胞のまわりを支持細胞が取り囲んでいて、二つの細胞を合わせて味蕾と呼ばれています。

 味を感じる部分は舌、口の奥の上、喉頭、食道上部などにあります。
 感じる味の種類は甘味、塩味、酸味、苦味を感知することができます。この4種類の基本の味が組み合わさって、味の広がりが生み出されています。
 うま味、辛味、渋味、刺激味、無味、脂身味、アルカリ味、金属味、電気の味などが思った以上に多くあります。

3 嗅覚について

 嗅覚は、空気中のにおいのもとを感じ神経に伝えて脳に届けます。
 嗅覚も化学受容です。においを感じる部分は、鼻腔内の一番上目の下のあたりで、嗅粘膜にある嗅細胞です。嗅粘膜にはその他に、基底細胞、支持細胞があります。

 嗅覚を感じる時間は短く、すぐ順応してにおいを感じなくなります。くさいトイレに30分もいると臭いを感じなくなる経験が誰しもあるはずです?ないかもしれません・・・。

4 視覚について

 視覚は目で光を感じ神経に伝えて脳に届けます。
 視覚は光受容です。光を感じる部分は、目玉の中の裏側(表側は白目と黒目がある側)にある膜(網膜)で感じます。

 この網膜、8層構造をしていて実際に光を感じる部分は下の層になります。下の層には光を感じる視細胞である杆体細胞(かんたいさいぼう)と錐体細胞(すいたいさいぼう)があります。
 錐体細胞は映像をはっきり感じたり、色を感じられます(感じる色は赤、緑、青)。網膜ど真ん中である黄斑部に主に存在しています。
 桿体細胞は、明暗を感じたり、周辺の物をすばやく感じる視野機能があります。錐体細胞よりもとても数が多く、明暗に対しては敏感に感じますが、色やはっきりした見方はできません。

 この他には、
 カメラのレンズの役割を果たす角膜、水晶体(角膜が上側、水晶体下側)があります。見る物によって周りの筋肉(毛様体筋)に引っ張られたり、緩んだりして厚さを変えてピント(焦点)を合わせます。

 目玉の中は硝子体(しょうしたい)というドロッとした液体です。目玉の黒目の中の茶色の部分(白色人種は青、緑)は虹彩(こうさい)といって、目の中に入る光の量を調節します。

 急に暗いところに入ると、目が見えなくなりだんだんと見えてくることを暗順応、その逆が明順応といいます。

 盲点といって、左右どちらの目も視野の中で見えない場所があります。右目は右の方、左目は左の方になります(この説明では全然わかりませんが・・・)。

5 聴覚、前庭感覚について

 聴覚は耳で音を感じ神経に伝えて脳に届けます。前庭感覚は半規管で身体の動きを感じ神経に伝えて脳に届けます。
 聴覚、前庭感覚ともに、力学的な刺激を受ける受容なので機械受容と呼ばれます。音を感じる部分は耳の奥にある有毛細胞である聴細胞です。身体の動きを感じる細胞も耳の奥にあり有毛細胞になります。

 音が聴細胞まで届くまで、いろいろな器官が関与しています。順番に挙げると

(1)外耳(音をあつめる、集音)
 外部の音 → 耳殻(頭の横についている部分) → 外耳道(耳垢がたまる部分) → (中耳へ)
(2)中耳(音を増幅させる、中耳は空気が入っています、耳管という咽頭までつづく管があります。)
 → 鼓膜 → つち骨 → きぬた骨 → あぶみ骨→ (内耳へ)
(3)内耳(カタツムリのような蝸牛(かぎゅう)、半規管、前庭より構成。音を神経に伝える、リンパ液で満たされています)
 → うずまき管 → 基底膜 → おおい膜 → 聴細胞
 前庭器官については、
 まず、半規管内のリンパ液の動きや流れ方で有毛細胞が揺れます。その揺れを身体の傾き、加速度、回転と感じ脳に伝えます。

6 チェック問題

 当ページチェック問題 ※javascript使用
(リンク先ページのチェック問題で、記憶の定着をはかって下さい。)

7 勉強になる動画、資料

参考資料 リンク元
外界からの刺激の受容 教養部生物学教室
生物学教室和田研究室ホームページ
国立大学法人 東京医科歯科大学教養部
国立大学法人 東京医科歯科大学
  
皮膚感覚   嗅覚
感覚
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
刺激の受容 啓林館 ユーザーの広場
啓林館
目のしくみと機能   耳2
鼻と副鼻腔き   皮ふの構造と機能
嗅覚と味覚の障害
万有製薬
メルクマニュアル医学百科最新家庭版
体性・内臓感覚   味覚   嗅覚2
視覚  聴覚・平衡感覚
ビジュアル生理学
眼の構造   耳の構造 高校生物授業用アニメーション
体内の高性能カメラ眼
からだの集音器&バランサー耳
(財)社会保険健康事業財団
疑問質問 目の辞典 Ocular.net

1コマ:かなり大きなお腹の男性がお腹を出している。その横で審判らしき人が、腹に触っている。審判「見た目、ニオイ、感触、音どれもハイレベルです。」
2コマ:「五感に訴える出腹大会」と書かれた大きな板が掲げられている会場で、お腹を出した大きな男性を、審判の人、3人の審査員の人たち、審査員長が見ている。審判「では、最終審査『味』を審査員長にゆだねます。」
3コマ:審査員長のアップ、かなり怒った様子。審査員長「舐(な)めんぞ!ワ、ワシは、断じて舐めん!」とすごんでいる。
4コマ:審査員長「帰る!おかしいと思ったんじゃ」審査員長はかなり怒った様子で、その会場を去る。残された審判他困った様子。審判「おじさん、段取りどおりやってよ!」ナレーション「その辺のおじさんだったようです。」
ダイエット4コマ漫画「五感に訴える出腹大会(受容器(目鼻皮舌耳))」に戻る


次:生理学(神経)
前:生理学(腎臓と肝臓)
上:このページの先頭に戻る

TOPページ
 >ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット高等学校・生理学(受容器(目鼻皮舌耳))
 
当サイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004 puthikopapa & puthikomama All rights reserved