TOPページ
 ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット高等学校・社会福祉(老化)

ダイエット高等学校・社会福祉(老化)


次:社会福祉(介護)
前:社会福祉(生活時間)

「ダイエットして肥満じゃなくなると、長生きできそうよ!」とか
「ダイエットで生活習慣病改善?無駄無駄!結局、寿命(老化)は遺伝でしょ」

 なんて聞いた時、老化について知っておくと、よりよく理解できます。
 ダイエットは健康目的の減量です。ダイエットと老化との関係を知る上でも役に立つと思います。

 高校の学習内容(2年生)です。

○ 概要

老化の影響  具体的には、心理的、五感(認知機能)、運動機能、循環器、内分泌関係、代謝関係、免疫、遺伝子などの変化です。
老化の原因  老化の原因を断定できるものは特に無く、以下が言われているようです。
  細胞の消耗  ホルモン分泌不足
  DNA(遺伝子)で寿命が決まる  酸素による酸化現象
  細胞分裂で細胞が減るため
老化の側面  老化のとらえかたは、老衰、ノーマルエイジング、サクセスフル(ヘルシー)エイジングの3つあります。
老化に備えて、何をすればいいのか  サクセルフエイジングを送りたいのなら、以下が必要です。
  ○ 適当な運動、食事、休養、刺激(主に頭を刺激することなど)
  ○ 過度なストレス、酒、タバコなどを避ける。
 サクセルフエイジングを送らなくてよいなら、別段必要ありません。

○ 詳細

1 老化の影響

 老化現象には、体力の衰え、痴ほう以外にもいろいろと影響があるようです。以下のとおりです。
 いっぱいあり過ぎて嫌になります。でも、これに備えないといけないんですよね。

分類 説明
心理的変化  頑固。保守的。人に厳しい。疑り深い。健康へ異常な関心。うつ病(錯乱、記憶喪失、悲しみを伴わない無気力)、物忘れ、注意力・集中力の保持困難です。
 アルツハイマーなどの病気以外では、知的能力の低下はひどくないようです。
五感(認知機能)の変化  遺伝、ストレス、職業、運動などで、人によって違うようです。一般に以下があるようです。
 ・ 眼について、近くのものや薄暗い場所が見えにくい。明るさの変化にすぐ対応できない。
 ・ 耳について、高い音、人の声が聞きにくい。
 ・ 舌について、食べ物の味がに苦みを感じる。味を感じにくくなる。
 ・ 鼻について、においを感じにくくなる。味を感じにくくなる。
 ・ 脳の処理スピード低下もあるようです。
運動機能の変化

 筋肉については、筋繊維が萎縮することで、筋肉の量、筋力が低下するようです。
 骨については、骨密度、骨量が減少するようです。とくに女性はだいたい50歳で閉経、女性ホルモン減少による骨の変化が著しいそうです。
 だから、運動などを取り入れ減少幅を小さくするとよいようです。

 軟骨について、徐々にすり減っていくようです。ひどい場合は変形性関節症となるようで、痛み、運動制限による日常生活の支障があるようです。60歳になると80パーセントの軟骨に変化がみられるようです。

循環器(血液関係)の変化

 心臓については、異物やコラーゲンが付いたり、弁(逆流を防ぐ)の変化、心臓を動かす電気刺激の異状、心筋の減少などの変化があります。
 血管は血管が固くなる変化があります。
 だから、失神、激しい運動が行えない、心不全が起きやすくなる、血液量の減少などが起こります。

 症状には、心不全、狭心症、心筋梗塞、弁膜症、不整脈、、高血圧、動脈硬化、動脈瘤、脳血管障害があるようです。

内分泌関係(ホルモンなど)の変化  ホルモンの分泌が低下することにより、更年期障害、生活習慣病の引き金になるようです。
 具体的には、排尿しずらい、勃起不全、子宮・卵巣の萎縮、動脈の病気、骨粗しょう症、体がほてりやすい、腟壁が薄いなどがあるようです。
代謝関係の変化  インスリンなどのホルモン分泌能力低下から、栄養を分解する能力も落ちます。
 すると、食後の血糖値があがりっぱなし、体脂肪が減らない、などから糖尿病になりやすくなります。
 また、ビタミンD濃度の低下、カルシウムの吸収減少・排出増加により、 骨粗しょう症になりやすいです。
免疫の変化  抗体の生産が減少するので、病気になりやすく、なったら直りにくく、悪化しやすくなるようです。
遺伝子の変化  若いと遺伝子に異状があっても、修復する機能があるのですが、老化でその機能が低下し、異状を修復できずに、老化が進む可能性があるようです。
その他の変化  薬の効果が長い、解毒能力低下、腎臓の萎縮、尿濃度低下、脱水症状、塩分排泄能力低下、排尿しにくい。排便しにくい、便秘、皮下脂肪減少、しわが目立つ、低体温などがあります。

2 老化の原因

 いろいろな学説があるようですが、これといって決まったものはないようです。

 たとえば、
○ 生きているだけで細胞が消耗され、老化へつながるるという説
○ ホルモン分泌不足から体内の諸器官へ影響し、老化が進むとする説
○ DNA(遺伝子)で寿命が決まっているとする説
○ 体内の酸素による酸化現象はフリーラジカルという状態であり、電子が飛び回り細胞を変化させ、老化へつながるという説
○ 細胞分裂をするたびにテロメアという染色体を保護する物質が減り、減りすぎると細胞分裂ができず老化していくとする説

などが、よく言われてる学説みたいです。とても難しいです。

3 老化の側面

 老化のとらえかたは、3つあるようです。以下になります。
  1 老衰
   ライフスタイル、生物学的、心理的、環境要因などが原因で、歳をとるごとに生じる変化。
  2 ノーマルエイジング
   病気、機能障害が複合している、よくいう老化
  3 サクセスフル(ヘルシー)エイジング
   衰弱、病気、障害とは無縁の老化で、活動的、健康的な状態で老化がすすむ。

 やっぱり、サクセスフルエイジングがいですねぇ。でも、その分努力もしないとなぁーと思います。

4 老化に備えて、何をすればいいのか

 人の考え方でそれぞれです。サクセルフエイジングを送らなくよければ、別段配慮することはないと思われます。

 が、サクセルフエイジングを送りたいのなら、運動、食事、休養、刺激(主に頭を刺激することなど)を適当にとり、過度なストレス、酒、タバコなどに気をつける必要があります。

 どの程度必要かというと、当サイトのダイエット中学校の防衛体力運動疲労生活習慣病酒、タバコ食生活と食事摂取基準などを参考にされて、決める必要があると思います。

5 チェック問題

 当ページチェック問題 ※javascript使用
(リンク先ページのチェック問題で、記憶の定着をはかって下さい。)

6 勉強になる動画、資料

参考資料 リンク元
老化   テロメア
老人医学   エイジング
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
老化の科学   食餌とがん予防 百万遍ネット
体の老化 万有製薬
メルクマニュアル医学百科最新家庭版
老化ライブラリ healthクリック
老人の身体の特徴 株式会社ワールドプランニング
アンチエイジング(抗老化)基礎講座 若返りドットコム簡明衛生公衆衛生
老化は個人差が大きい   国立循環器センター
老化2 老化3  健康長寿ネット(財団法人長寿科学振興財団)
ここまでわかった!
アンチエイジング医学(お話/坪田一男)
アンチエイジング医学ってどんな医学?
今すぐできる! 日常生活でのアンチエイジング
アンチエイジングの最新療法
YAHOO!ヘルスケア

1コマ:かわいらしい大正娘が、困った表情をしている。大正娘「えっ、あの方に恋人が・・・」
2コマ:月に向かって大正娘が泣きながら祈っている。月には好きな人の面影が映っている。大正娘「うっうっ・・・、でも、この想ひは変わらない・・・」
3コマ:日めくりカレンダーがちぎれていく。ナレーション「そして、月日は、無常に過ぎ去っていく。」
4コマ:五十年後・・・二人の年老いた女性が縁側でお茶を飲んでいる。一方(老女A)がおならをする。この老女Aこそ、最初の2コマで出てきた大正娘である。老女B「やめてよ、くっさい」老女A「あんたでしょ。」ナレーション「そして、人は、栄枯盛衰、盛者必衰の理(ことわり)を知る。」
※1栄枯盛衰、盛者必衰:栄えていてもいつかは衰えること。
※2理(ことわり):道理、理屈、筋道
ダイエット4コマ漫画「あの人に恋人が・・・」に戻る


次:社会福祉(介護)
前:社会福祉(生活時間)
上:このページの先頭に戻る

TOPページ
 >ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット高等学校・社会福祉(老化)
 
当サイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004 puthikopapa & puthikomama All rights reserved