TOPページ
 ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット高等学校・社会福祉(介護)

ダイエット高等学校・社会福祉(介護)


次:消費者経済(家計)
前:社会福祉(老化)

「ダイエットしなくて、病気になっても、介護制度とかあるんでしょ」とか
「べつに、無理して健康に気をつけなくても、介護受けたらいい。補助もあるし」

 なんて聞いた時、介護について知っておくと、よりよく判断できます。
 私は、介護についていろいろ調べてみて、介護状態になってしまい、お金が支給がされるのは必要だと思いました。
 でも、介護を受けなくていい時間をなるべく長く作り(つまり、健康に気を付け)、人生をできるだけ長く楽しみたいとも思いました。

 高校の学習内容(2年生)です。

○ 概要

介護を受けるまで  病気に強くもなく、健康に気をつけず、運動などもしなかった場合、早い段階で介護かもしれません。
 介護には、65歳以上の人(1号被保険者)、40歳から65歳の人(2号被保険者)の2つがあります。
どのような状態が介護か  介護の度合いを見る尺度には、障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度4段階)、認知症の日常生活自立度(9段階)の2つがあります。
要介護認定までのながれ  いろいろな判定、調査、話合いなどを経て、要介護度を判定します。結局、五段階に分類されます。
支給額をめぐって  介護の段階が上がると、支給額もポンと上がることもあり、調査員らは、申請者に対し十分な説明責任があります。

○ 詳細

1 介護を受けるまで

 家系が遺伝的に病気に強いわけでもなく、健康にも気をつけず、ダイエットや運動などもしなかった場合、早い段階で介護を受ける必要があるかもしれません。
 すぐに介護保険が使えるか、調べてみます。

 介護を受けるには、年齢などが関係しているそうです。詳細は以下です。
分類 説明
65歳以上の人
(1号被保険者)
 強制的に被保険者証を公布
 以下の条件をクリアしている
 1 受給資格者(被保険者)である
 2 審査会(1次審査、2次審査)で認定される
  ・ 1次審査は調査員による訪問聞き取り調査で、数十項目に答て要介護か判断します。
  ・ 2次審査は介護認定審査会で、1次審査の判定内容を審議し、医師の意見書を参考に最終判定します。要介護レベルの判定は、『要支援レベル1〜2』『要介護レベル1〜5』の各段階に分かれます。
 3 保険料を滞納してない
40歳から65歳の人
(2号被保険者)
 医療保険加入者であり、申請した人のみ被保険者証公布
 上記1〜3の条件に加えて以下の条件をクリアしていること
 4 老化による症状(ガン、リウマチ、骨粗しょう症、初老症など16項目)である

2 どのような状態が介護か

 介護状態を判断する調査員が使用する基準を紹介します。障害高齢者と認知症の日常生活自立度です。

障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)
分類 説明
ランクJ
(生活自立)
 障害はあるが、日常生活は自分で何とか処理でき、外出もできる。
 ランクの幅は、交通機関を利用できる〜近隣へ外出できる。
ランクA
(準寝たきり)
 屋内は自分で何とか処理できるが、外出は介助がいる。
 ランクの幅は、日中横になる頻度は少なく、介助を受けて外出する〜日常生活が寝たり起きたり
ランクB
(寝たきり)
 屋内でも介助が必要、座れるが日中寝た状態が多い。
 ランクの幅は、食事、トイレは車椅子を用いず行う〜車椅子へ移動するのに介助がいる
ランクC
(寝たきり)
 寝たきり、食事、トイレなど介助が要る。
 ランクの幅は、寝返りできる〜寝返りできない。

認知症の日常生活自立度
分類 説明
1  認知症はあるが、日常生活、社会的に自立できている。一人暮らし可能
2  誰かが注意してくれれば、何とか日常生活、社会的に自立できる。
 一人暮らしが難しいときは、日中施設への居住サービスを利用する。
2a  家の外で、生活に支障をきたすような行動、症状が出る。
 よく道に迷う。よくお金の計算を間違う。
2b  家の中で、生活に支障をきたすような行動、症状が出る。
 薬の管理ができない。人との対応ができない。留守番できない。
3  生活に支障をきたすような行動、症状が出ており、介護が必要
 一人暮らしは困難なので、日中、夜間の居宅サービスを利用
3a  日中に生活に支障をきたすような行動、症状が出る。
 食事、トイレがうまくできない。徘徊、失禁、大声、奇声、何でも口に入れたり、拾ってくる。
3b  日中に生活に支障をきたすような行動、症状が出る。
 食事、トイレがうまくできない。徘徊、失禁、大声、奇声、何でも口に入れたり、拾ってくる。
4  生活に支障をきたすような行動、症状が出ており、常に介護が必要、3の時の症状が頻繁に起こる。
 老人ホームなどへの入所
 重度の精神疾患、身体障害
 専門的な治療が必要、精神病院や認知症専門の老人ホームへ入所

3 要介護認定までのながれ

 以下がその流れです。
順番 説明
 市町村など、要介護認定申請を行う。
 市町村などは、申請者の自宅(病院、入所先など)に調査員を送り、認定調査を行う。
 市町村などは申請書で医師(主治医など)に、意見書を作ってもらう。
 訪問調査結果意見書から、国の定めた基準にしたがって、介護にかかる時間を計算して一次判定する。
 訪問調査結果と意見書、一次判定介護結果を見て、医師を含む5名以上(更新申請の場合は3名以上)からなるグループで、さらに最終的に二次判定する。
 市町村などは、二次判定結果を申請者らに教えて、介護保険被保険者証に要介護認定の結果を記入する。

 いろいろな判定、調査、話合いなどを経て、要介護度を判定します。
 分類は5つあり、具体的には以下になります。
要介護度 説明
要支援  要介護とまでいかないが、社会的支援は必要。
 日常生活はほぼ自立できている。ときどき、支援必要
 一部が介護が必要
 日常生活はだいたい自立できている。一部介助支援が必要
 中程度の介護が必要
 排せつが一部の介助を必要。それ以外はなんとかできる。
 重度の介護が必要
 食事・衣類の着脱が一部の介助必要。排せつ全面介助必要
 最重度の介護を必要
 食事・排せつ衣類着脱に全面的な介助を必要。尿意、便意が伝達されていない。
 過酷な介護が必要
 寝返りもうてない寝たきり状態。コミュニケーション困難。食事・排せつ・衣類着脱全面的な介助

4 支給額をめぐって

 要支援1から要介護5までの1ヶ月の支給額は(地域によっても異なるようです)、約5万円、約10万円、約16万円・・・約36万円くらいだそうです。

 だから、一つ認定の段階が違うと支給額がポンと上がるので、受けられるサービス利用頻度が違ってきます。
 利用頻度を多くできると、それだけ介護する周りの者の負担が減るわけです。だから介護者はなるべく介護度を上げたいと思います。

 だけど、介護度が上がると国が支払う医療費が大きくなるので、そう簡単には介護度を上げさせないぞ!と調査員は慎重に判定を下します。

 だから、介護者 VS 調査員 みたいになるわけです。

5 チェック問題

 当ページチェック問題 ※javascript使用
(リンク先ページのチェック問題で、記憶の定着をはかって下さい。)

6 勉強になる動画、資料

参考資料 リンク元
介護 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
介護2 healthクリック
介護3 健康長寿ネット(財団法人長寿科学振興財団)
介護4 All about
体の老化 万有製薬
メルクマニュアル医学百科最新家庭版

1コマ:居間でママが幼児教育関係の雑誌を見ている。その横でパパが寝転がり、テレビをみている。ママ「幼児教育の雑誌を見るのも私の楽しみ」雑誌を読むママが「ん?」と、ある記事に目をとめる。
2コマ:ママ「見て、お絵かき大会の作品だって・・・」パパ「え?」
3コマ:子供が描いた絵のイラスト『女の人と男の人が体を互いに体をつかんでいる。足元にだれかが寝ている。』
4コマ:ママ「お爺さんの横で、介護調査員と家族が喧嘩だって。」パパ「時代だね」
ダイエット4コマ漫画「親の介護、子知りたがらず」に戻る


次:消費者経済(家計)
前:社会福祉(老化)
上:このページの先頭に戻る

TOPページ
 >ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット高等学校・社会福祉(介護)
 
当サイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004 puthikopapa & puthikomama All rights reserved