TOPページ
 ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット高等学校・病理学(ヘルスプロモーション)

ダイエット高等学校・病理学(ヘルスプロモーション)


次:病理学(適応機制)
前:病理学(食中毒)

 現在、多くの方が、ダイエットや健康のためと、孤軍奮闘し、個人で体重や病気と闘っていると思われます。でも、
 個人だけに健康管理を任せるのじゃなく、周りもバックアップしよう。
 みたいな考え方があるようなので、高校の学習内容で考えてみます。

○ 概要

ヘルスプロモーションとは  意味は、「自分の健康を自分で管理、改善できるように、環境などを整えていこうよ!」みたいな感じと思います。
なぜヘルスプロモーションなのか  たぶん、「高齢者の数や医療費の増大」「食生活の欧米化(脂質の割合増加)」「生活習慣病の増加」などへの対策のために打ち出したのかなぁーと思います。

○ 詳細

1 ヘルスプロモーションとは

 WHO(世界保健機関)の国際会議で「オタワ憲章」が採択され、そこでヘルスプロモーションの意味、意義など紹介されたようです。

「人々が自らの健康をコントロールし、改善することができるようにするプロセスである」
 というが定義だそうです。

 しかし、藤崎清道氏(厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課長)が分かりやすく以下に意訳されています。

(1) 健康(WHOの定義による)を自分自身でコントロールできるように住民一人ひとりの能力を高めること
(2) そのために、個々人の努力にのみゆだねるのではなく健康を支援する種々の環境を整備していくこと
 以上2本柱で展開する公衆衛生戦略

 ということです。
 詳細は、このページ下部の「4 勉強になる動画、資料」をご参照下さい。

2 なぜヘルスプロモーションなのか

 今後さらに進行する
 ○ 高齢者の数や医療費の増大
 ○ 食生活の欧米化
 ○ 生活習慣病の増加
 など、さまざまな問題が原因(医療費、人件費などのお金・予算?)なんだろーなぁーと思いました。

 ヘルスプロモーションについて、原因、背景、意図など、詳しいことは正直分かりません。
 いずれにしても、国や地域が健康について改めて焦点をあて、政策・施策などに組みこむのはいいことだとも思いました。

3 チェック問題

 当ページチェック問題 ※javascript使用
(リンク先ページのチェック問題で、記憶の定着をはかって下さい。)

4 勉強になる動画、資料

参考資料 リンク元
ヘルスプロモーションをめぐって
プリシード・プロシードモデルについて
運動を始めさせ、続けさせ、逆戻りさせない行動変容
健康ネット
ヘルスプロモーション用語集
ヘルスプロモーション関係資料
保険活動の広場
医療費  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1コマ:ナレーション「ヘルスプロモーション(健康への努力を支援する仕組)」行政をあらわした人形、家族をあらわした人形、地域住民をあらわした人形が、大きな座布団を支えている。座布団の上には、飴とおでんの串をもった、体格のよい女性がいる。
2コマ:女の子が泣きじゃくっている。女の子「そんな、悲しい目で見つめないで!」女の子「そうよ!私一人じゃ、何もできないわよ!だけど私・・・」
3コマ:女の子「早く泳げるし、料理も上手だし、難解な本も理解できるわ!」
4コマ:女の子は近所の公園のジャングルジムの上に登って叫んでいる。女の子「嫌いよ、みんな大嫌い〜」遊びに来ていたプティコ(長男)とママがその様子を見ている。プティコ「ママ、大きなお声」ママ「そうね、でも見ちゃダメよ。」
ダイエット4コマ漫画「みんな大嫌い!」に戻る


次:病理学(適応機制)
前:病理学(食中毒)
上:このページの先頭に戻る

TOPページ
 >ダイエット基礎知識講座
  >ダイエット高等学校・病理学(ヘルスプロモーション)
 
当サイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004 puthikopapa & puthikomama All rights reserved