TOPページ
 ダイエットから逃げたい理由とその対策
  >体重がちょっと減った、もう止めよう。

体重がちょっと減った、もう止めよう。


次:体重がまあまあ減った、もう止めよう。
前:「面倒くさい」「もう嫌」などの投げやりな理由

1 ダイエットから逃げたい理由

体重も1〜2kg減ったし、当初の目的には達しなかったが、もう止めよう。

2 プティコママの考え

 ダイエットの苦痛に耐え、そのしんどさに慣れつつあるときだと思います。

 ここが数あるダイエットのガマンの第一関門です。ここを越えると、ちょっとだけ楽になってきます。
 1週間のうちで1日だけダイエット解禁日を作って、「解禁日まで何とかガマンしよう!」とか考えて乗り切りましょう。

3 プティコパパの考え

 私の場合ダイエット開始後、1週間から2週間くらいの時期そう思うときがありました。

 大部分の人にとって、この減量分1〜2kgは、水分で、脂肪が燃焼してないと思われます。ここで止めたら脂肪は燃焼されずに、我慢だけした状態なので、骨折り損になります。そのことを思ってください。

 この場合も、本当にそう思い納得しているのなら止めればよいと思います。

4 対策

  1 1週間での食事制限解禁日を作って乗り切る。
  2 ここで止めたら損することを考える。
  3 納得してるなら止める。
1コマ:ダイエット指導士天使(あまつか)の前に、中年の女性が現れる。女性は大きいゴミバケツを手押し車に乗せ、押しながら話している。中年女性「先生、ありがとうございます。」天使「えっ」
2コマ:女性がゴミバケツをあけると、水が一杯に入っていた。女性「先日、先生のおつきの方に教えてもらった方法で、ほら!」困惑している天使「おつき?で、それは何ですか?」
3コマ:女性「だ液ですよ。苦しかったけど、1日2?出して60日やりました」天使「えっ、だ液?」
4コマ:女性は得意げに、服を少し上げ、おなかを天使に見せる。女性「ほら、見て下さい。2キログラム減りました。」さらに困惑する天使「いや、その、良かったですね。」 
ダイエット4コマ漫画「体重2kg減った、もう止めよう」に戻る

次:体重がまあまあ減った、もう止めよう。
前:「面倒くさい」「もう嫌」などの投げやりな理由
上:このページの先頭に戻る

TOPページ
 >ダイエットから逃げたい理由とその対策
  >体重がちょっと減った、もう止めよう。
 
当サイトはリンクフリーです。
Copyright © 2004 puthikopapa & puthikomama All rights reserved