アトキンス式ダイエット(糖質制限源流) ダイエット参考記事

今回十年ぶりに始めた糖質制限ですが、その源流にある考えであるアトキンス博士が提唱した低炭水化物ダイエット、「アトキンス式ダイエット」です。

youtubeの中に、そのダイエットについて、いろいろ動画あります。

「アトキンス式ダイエット」youtube検索
-------------
アメリカ人医師・循環器学者のロバート・アトキンスが考案したダイエット法である。低炭水化物ダイエット、ケトン式ダイエット、ローカーボダイエット、低糖質ダイエットとも呼ばれる。通常200-300gである炭水化物の摂取量を20-40gと非常に少なくし、糖分の代わりに脂肪がエネルギーとして使われる状態に誘導する。

長期間の安全性について
世界保健機関の2007年の報告では、タンパク質の多い食事は腎臓疾患や糖尿病性腎不全を悪化させる[28]。世界保健機関の2003年の報告は、肥満や糖尿病を予防する対策に全粒穀物を挙げている[29]。国際糖尿病連合は、糖尿病の治療には低いグリセミック指数の食品を挙げており、これは全粒穀物などがあてはまる[30]。
炭水化物とたんぱく質の摂取量によって10段階に分けて分析し、炭水化物の摂取量が1段階減り、たんぱく質の 摂取量が1段階増えるごとに、心筋梗塞や脳卒中の発症のリスクが4%ずつ増え、低炭水化物・高たんぱく質のグループでは、そうでないグループに比べて発症リスクが最大1.6倍高まったとの報告がある[31]。
(ウィキペディアより)
-------------
糖質制限ダイエット、短期間は良いかもしれませんが、長期間の安全性については、上記のような報告もあります。ダイエットをやるのは自己責任ですが、よく調べて実施する必要がありますね。

プティコ家では、魔法のように体重が減ったり、見た目が変わったりするので、糖質制限の魔力にはまりました。今は、いろいろ調べる中、少しは糖質を摂る必要性を感じつつ、良い方法を模索している最中です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です